メインコンテンツにスキップ

#5 HSP -ジェニファーグリーンへのインタビュー

#5 HSP -ジェニファーグリーンへのインタビュー | dBud日本公式サイト|ディーバッド ジャパン

FEATURE #5 

ジェニファーの物語


幼い頃から、私は家族の中で常に「繊細」な存在として知られていました。私は、一人の時間がたくさん必要な子でした。教会、演劇、コンサート、その他のパフォーマンスは、建物内の騒音で楽しめませんでした。学校のカフェテリアでは、周囲の雑音で相手の言っていることがわからなくなり、会話をするのも一苦労でした。恥ずかしくて、気がつくと聞いているふりをしていました。 私は非常に共感的で理解力のある人間ですが、他の雑音に気を取られてしまうのが原因で、過去に聞き分けが悪いと非難されたことがあります、それがとても悲しいことでした。

数年後、私はカウンセリングを受けている自分に気がつきました。私たちは、私の過去から多くの困難な瞬間を探求し始め、私はいわゆるHSP(Highly Sensitive Person)であることを理解するようになりました。これは正式な診断名ではありませんが、感情や感覚、特に光や音に対する感覚の過敏さを説明する一連の性格的特徴です。

私は、リハビリテーション病院で外傷を負った人たち(脊髄損傷、脳損傷、ムリ外傷など)の理学療法を専門的に行っています。忙しくペースの速い職場であるため、部署が抱える騒音の多さに、仕事の生産性と時間効率の整理を維持することに苦労しているのが現状です。数年前に軽い脳梗塞を患ってからは、さらに困難になっています。明るい照明や雑音は、集中力だけでなく、気分も低下させ、イライラすることが多くなりました。今は、静かなデスクでパートナーと一緒に照明を落とし、騒音レベルが上がったらdBud(ディーバッド)のイヤープラグを装着して、必要な生産性を確保できるようにしています。

 

家庭では、夫のマットと結婚して9年になり、2人の素晴らしい子供(メイとアイク)がいます。アイクも私と同じように過敏症です。幼稚園に通うようになってから、ノイズキャンセリングヘッドホンをつけて、過度な騒音に対処しています。座っていることが多いので、聴覚障害なのか過刺激なのかわからず、聴力検査をしたこともあります。彼が苦労しているのを見て、私は私たちの騒音に対する耐性を解決する方法を探すのに役立ったのです。

がっしりした耳かけ式のヘッドホンをつけてみたものの、20分ほどつけただけで圧迫感で頭痛がする。小さな発泡スチロールのような耳栓も試しましたが、耳の中に入れられないし、使い捨てなので環境に悪い気がします。再利用可能で小型のノイズキャンセリングイヤープラグを探し始めました(そんなものがあることさえ知りませんでした)。amazon(海外)でdBudを見つけたのですが、あまりにも良さそうだったので注文しました。dBudのイヤープラグが到着し、ラッキーなことに、私が探していたもの全てでした!

とてもソフトで快適な着け心地です。必要に応じて騒音レベル(騒音の大きさ)を調整することができます。dBudを耳にしながら、私は今、didacticsの修士号を取得するための旅によく出て、いつか登録栄養士になることを望んでいます。私はこれまで、自分には高い学問は無理だとか、限界や注意力散漫のせいだと考えてきました。今、私は選択をすることができるのです。私は自分の意志を貫き、何でも達成するための道具を持っているのです。



インタビュー

ジェニファーについて:「私は現在、修士号を取得するために働いている、HSPのワーキングマザーです。私は聴覚に敏感で、良い成績を取るために集中し、読んだ本を理解するためには、周囲の雑音をかき消すことができることが鍵になっています。"」

Q: 自分がHSPであることに気づいたのはいつですか?

ジェニファー:繊細、泣き虫、感情的、注意散漫、人の話を聞かない、直感的、傷つきやすい、共感的(これらはHSPの典型的な兆候です)などと呼ばれてきました。私は、本を読んだり、字を書いたり、周りの音に気を配ったりするのにとても苦労しています。

Q: 過去に試したことのある聴覚保護具はありますか?

ジェニファー:耳かけ型(射撃場用の耳カバーのようなもの)を試したことがありますが、ひどい頭痛に悩まされました。

Q: 他の音より気になる音はありますか?

ジェニファー:周囲の雑音が大きな引き金になります(喫茶店、カフェテリア、職場のセラピージムなど、60~80人が頻繁に会話している空間)。

Q: HSPはあなたにとってスーパーパワーですか?

ジェニファー:私は自分がHSPであることが大好きです。誰かがつらい一日を過ごしているときに最初に気づくことができ、深く共感することができます(私はよく、顔がバレるので嘘をついてもダメだと言われます)。この特性があるからこそ、素晴らしい母親になれると心から思っています。

Q: HSPに悩む人へのアドバイスをお願いします。

ジェニファー:HSPの人は、まず『The Highly Sensitive Person - Elaine Aron』という本を読むといいでしょう。自分自身をよく知り、自分のHSPがどのように現れるかを知れば、自分のスーパーパワーを感じ、難しい部分である過剰な刺激に対処するのに必要なツールを集められるでしょう。また、専門家に相談することで、さらなるサポートが受けられます。

 

※この記事は個人の感想であり、効果を保証するものではございません。 

あなたのカート

カートは現在空です。
ショッピングを続行するにはここをクリック。
お問い合わせいただきありがとうございます!できるだけ早くご連絡いたします。 成功 ありがとう!入荷次第お知らせします! アイテムの最大数は追加されています。 カートに1つだけ残っています 次のアイテム