メインコンテンツにスキップ

#6 ADHD - 子供のためのイヤープラグ

#6  ADHD - 子供のためのイヤープラグ | dBud日本公式サイト|ディーバッド ジャパン

FEATURE  #6

ADHDの子供ための学校でのイヤープラグ

小さな投資が、騒音過敏や集中力に問題を抱える子どもたちに大きな変化をもたらします。このインタビューでは、彼らは音に敏感な子供たちのためにさまざまなタイプの聴覚保護をテストした経験を共有しています。


Sara Unneval、 特殊教育教師
Viktoria Lindencrona、 特殊教育リソース教師
Elin Hallberg Alkeby、 元学生ケアマネージャー 

 

ピントを合わせるのを難しくするノイズ

ADHDと自閉症の子供は敏感な聴覚に苦しんでおり、集中力の問題と音の大きさの不快感の両方を引き起こします。

サラ:– あまり大きくない音でさえ、不快感や不安を感じる可能性があり、これらの子供たちがクラスで常に集中力を失うことになります。

例:
»紙に鉛筆の音
»ノートパソコンをタップする
»本のページをめくる
» グループワークでのさりげないおしゃべり
»誰かがトイレに行く

 

 

不快な大声


IESの騒音レベルは通常、管理しやすいレベルに保たれていますが、もちろん、大規模なグループが同時に集まると、騒音が大きくなる可能性があります。たとえば、クラス間の廊下や学校の食堂での昼食時間は、聴覚過敏の子供にとって非常に不快に 感じることがあります。友達との楽しいひとときも、不安な気持ちで過ごすことになりかねません。

 

サラ:–子どもたち一人ひとりの集中力や学習意欲を満たすような調整をするのは、もちろん大変なことです。イヤーマフを試してもらうと、とても効果がある子もいれば、かさばるし、目立たないので使いたくないという子もいます。イヤープラグは小さいのですが、紛失しやすいのです。

イヤホンで音楽を聴くことで解決する人もいますが、学校では携帯電話やiPadの使用が禁止されています。サラは、当時学校の生徒、健康管理担当だったエリンと一緒に、新しい解決策を探していました。そして、音量を調節できるdBudイヤープラグを見つけ、生徒たちと一緒に試してみることにしました。

 

ついに!友達と一緒にランチタイム。

dBudをテストした子供の1人は、自閉症の特徴を持つADHDを持っています。


ヴィクトリア:–彼は7年生でIESに来ました、そして彼は これまで食堂で他のすべての人と一緒に昼食をとることができたことがありませんでした。彼は通常、先生と一人で昼食をとります。彼が友達と一緒に食事をしようとしたとき、彼は騒音があまりにも苦痛になったときは再び外に出なければならなかった。

dBudの耳栓は、IESの彼にすべての違いをもたらしました。
–彼はついにクラスの他のメンバーと一緒にランチを食べに行くことができるようになりました!

 

調整可能なボリューム

–  dBudのボリュームスライダーを使用して、 彼は好きなノイズリダクションのレベルを選択できます。それは便利です。

コードとマグネットも非常に役立ちます。

整理整頓を維持することは、ADHDの子供にとってもう1つの大きな課題です。dBudの取り外し可能なコードとマグネットにより、耳栓を安全に保ち、紛失しないようにすることが容易になります。

 

  

日常に溶け込むデザイン

イヤーマフに比べ、dBudは小さくて目立たないので、装着していても変に目立ちません。
他のクラスの仲間は、自分もdBudを手に入れることができないかと尋ねてきました。彼らはdBudがとてもかっこいいと思っていますし、ADHDや自閉症のような診断を受けていなくても、騒音から解放されたいと思っているのです。


 


学校での合理的な調整のツール

簡単に言うと、合理的調整とは、障害のある生徒が障害のない生徒と比べて大きな不利益を被ることなく教育に参加できるように、学校が講じなければならない措置のことである。ADHDの生徒が聴覚保護具を着用できるようにすることは、多くの可能な調整の一つです。

 サラ:–この新しい解決策を試してみたいという好奇心があるのなら、他の学校にもdBudを試してみることを必ずお勧めします。



dBudの音量が調節できる耳栓は、その時の気分によって、どれくらいの音を聞きたいかを選択し、コントロールすることができるので、こうした子どもたちにとって本当に良いものでした。ボリュームボタンがあれば、耳栓を外さずとも設定を切り替えることができるのは素晴らしいことです。

dBudをテストした生徒の一人が別の学校に移ったとき、私は彼の転校の書類に、学校での騒音調整ツールとしてdBudの耳栓を使うように提案しました。

 

次のステップ:教師のための耳栓?

ヴィクトリア:  –学校のスタッフの中にも、dBudsを欲しいと思っている人が何人かいると思います。

サラ:  –はい、体育の先生がすでに授業で使っているのは知っています。

 

※この記事は個人の感想であり、効果を保証するものではございません。  

 

あなたのカート

カートは現在空です。
ショッピングを続行するにはここをクリック。
お問い合わせいただきありがとうございます!できるだけ早くご連絡いたします。 成功 ありがとう!入荷次第お知らせします! アイテムの最大数は追加されています。 カートに1つだけ残っています 次のアイテム