メインコンテンツにスキップ

#9 耳栓が耳鳴りのストレスを軽減する方法

#9 耳栓が耳鳴りのストレスを軽減する方法 - dBud日本公式サイト|ディーバッド ジャパン

FEATURE #9

耳鳴りがすると、常に耳鳴りがしているため、生活のあらゆる場面で負担を感じることがあります。NCBIによると、多くの人が同じような耳鳴りを経験する一方で、その音は「セミ、コオロギ、風、水道水の落下、鉄の研磨、蒸気の漏れ、蛍光灯、エンジンの作動に類似する」とも表現されています。5,000万人以上のアメリカ人に影響を与え、耳鳴りに悩む人々は、しばしばストレスの悪循環に陥ることがあります。

耳鳴りの音に圧倒され、パニックや不安に陥り、突然、リラックスすることが難しくなります。場合によっては、その症状は衰弱し、睡眠を妨げるなど日常生活に支障をきたすこともあります。また、耳鳴りは難聴の有無と関連しています。実際、難聴の程度が高いほど、耳鳴りが起こりやすく、個人に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

生物学的に言えば、私たちは環境や脅威となりうるものに注意を払うように仕向けられています。 耳鳴りの知覚が潜在的な脅威であると心が判断した場合、「ストレス、不安、苛立ちを引き起こし、侵入してくる音を無視することが不可能に思える」ようになるのです。個人は耳鳴りに対して、実際の外部の危険や脅威に対するのと同じような心理的、感情的な反応をすることがあります。

その結果、負のフィードバックループが発生することがあります。耳鳴りのある人は耳鳴りを無視することができず、音に対する否定的な感情や関連付けが強まる中、耳鳴りに集中するようになります。これらの否定的な関連付けはストレスを増大させ、耳鳴りをより強く認識させる原因となります。人によっては、耳鳴りがストレスの「バロメーター」として働き、一度に複数のストレス要因に直面すると悪化することがよくあります。



■耳鳴りとストレス

ストレスの現れ方は人それぞれですが、一般的に現れるいくつかの身体的、感情的、行動的な症状があります。

・痛みと身体の緊張
・胸痛や心拍数の上昇

・高血圧
・気分の変化や過敏性
・食欲の変化や消化器系の問題
・睡眠障害
・疲労感
・集中力や注意力の低下

さらに、騒音性難聴に起因する耳鳴りがある場合、さらなる騒音への暴露が懸念されることがよくあります。コンサートに行くと、さらに難聴になるのではないか?耳鳴りがひどくならないか? 耳鳴りのある方は、ストレスのサイクルの中で生活しているため、うつ病や不安神経症になりやすいと言われています。



■聴こえを守るために、聴覚を保護する

耳鳴りがある人もない人も、特に大きな音がする環境では、聴覚を守ることが重要です。騒音による難聴は、耳鳴りを大きく変化させたり、悪化させたりする可能性があります。

耳栓は、騒音性難聴とそれに伴う症状(耳鳴りなど)の予防に最も推奨される方法です。高忠実度の耳栓は、音を消したり、できるだけ遮断したりするのではなく、音量を変えて、クリアな音を促進することができます。そうすることで、周囲に気を配りながら、会話や音楽を楽しむことができるのです。聴覚保護は耳鳴りの症状の悪化も防ぐことができ、結果的にストレスのレベルを下げることにつながります。

聴覚を守るために行う小さな変化や一歩が、すぐに有意義な結果をもたらします。そして、高品質の耳栓を使用することで、音楽を楽しみ、仕事に集中し、ストレスをためることなく目標を達成することができるようになるのです。

▼参考文献

https://www.health.harvard.edu/healthbeat/save-your-hearing

https://www.psychiatry.org/patients-families/anxiety-disorders/what-are-anxiety-disorders


    ご注文内容

    お問い合わせいただきありがとうございます!できるだけ早くご連絡いたします。 成功 ありがとう!入荷次第お知らせします! アイテムの最大数は追加されています。 カートに1つだけ残っています 次のアイテム