マルメフェスティバルのプロジェクトマネージャー / dBud テストレビュー

1週間。1000プログラム。
ライブミュージック、アミューズメントパーク、フードトラック、ダンス、劇場、映画、文学、芸術、スポーツのアクティビティが行われる巨大なストリートパーティー。

2019年の夏は35回連続で140万人の来場者がありました。

 

マルメフェスティバルは北ヨーロッパで最大のシティフェスティバルです。

 

そんな中、マルメフェスティバルのプロジェクトマネージャーの1人であるDavid havestbergがいます。

センターの周りの20を超えるシーンでの(※1)ギグが詰め込まれた8日間は贅沢な時間を過ごすことができます。。

(※1)ギグとは、音楽の演奏において 小さなライブハウスなどでの短いセッション クラブなどで一度だけ演奏すること などを指すスラングである。

 イベント業界で働きたいという多くの人にとって、少し多忙かもしれませんが確かに夢の仕事です。

少し多忙です。もちろん、この大きなイベントの混乱を招くことは、力を取ります。多くの時間、速いペース、多くの作業を行う - とすべてを計画的に行っていても、とにかく起こる不測の事態。

そして、あなたがおそらくそれに気づかずにあなたを身に着けている一定の非常に高い騒音レベルは、バックグラウンドでいくつかの余分なバッテリーを吸収するアプリのようなものです。

フェスティバルでは、シーンがロードされ、リギングされたときに多くの建物の騒音があります。

都市の騒音と交通。そしてもちろん、群衆やコンサートから聞こえます。

 

DAVIDÖSTBERG、マルメ市。

 

今年、Davidはマルメシティの不動産&ストリートオフィスで何人かの同僚のために音量調整可能なdBudイヤープラグを買いました。

フェスティバル終了から数週間後、息を切らしていた彼に会って、彼の感想を聞いた。

 

 

 Q:では、David、dBudのイヤープラグの何が一番良かったと思いましたか?

David- "街の喧騒の中にdBudのイヤープラグを装着するのはとてもいいです、周囲の声が聞こえて会話をすることができました。私は一日の終わりにずっと気分が良いことに気づきました。

 Q:音の減衰を調整できるdBudの音量ボタン。あなたはそれをどう思いましたか?

David-どれだけの音が扱えるか、誰かが話しかけても聞こえる必要があるかによって、音のレベルを選ぶのは良いことです。

 Q:シリコーンコードはどうですか? それは取り外し可能です, いくつかは、それを好きと他の人はそうではないので、


David-私はいつもネックレスを使いました。 それらを取り除いたり、ポケットを覗いたりする必要はありません。 磁石が内蔵されているので、耳栓を首から外すだけで、再び必要になるまで耳栓を付けたままにできます。

 

Q:dBudはフェスティバル以外のものに従う必要がありますか?

David-はい、私が旅行するとき、飛行機の中で。そして時にはオフィスに。それはオープンオフィスの風景で、すぐ下にはいくつかのバスの交通があります。そして、かなり頻繁に誰かが立って、通りを下って繰り返しDespacitoを演奏します...

Q:dBudでそれほど良くないと思ったことがありますか?私たちはより良くするために何ができますか?

David-唯一の問題は、dBudを試した人にとっては大きすぎるということでした。イヤーパッドのサイズが最も小さくても、耳栓を耳の中に快適に置くことができませんでした。

 

 ※この記事には個人の感想が含まれています。