ADHD イヤープラグ / アンナ-カリン・アーナルド (言語聴覚士)

ADHDイヤープラグ- それは実際に機能しますか?


アンナ-カリン・アーナルドは、大人のADHDについての彼女の物語を共有しています。聴覚過敏症の彼女のための正しい聴覚保護具であることが判明しました。 

 

"私は非常に敏感な聴覚を持っていることに気づくのに時間がかかりました。"


43歳のときにADHDと診断されましたが、そのとき初めて、ほとんどの人は椅子が床にこすりつけられて擦れる音がすることに、あまり悲鳴をあげないことがわかりました。不快なノイズから身を守るために、誰もが胎児の姿勢のように横たわり、耳を覆う必要性を感じているわけではありません。


騒音感応性が苦手な場合の騒音状況。
"買い物に行く

" 洗濯機やタンブラー乾燥機が動いている時など、在宅で仕事をすること。

"大きな音と甲高い笑い声が多いパーティーに行くこと。

"空港や見本市など、大勢の人がいる公共の場所に行く。

» 旅行と通勤。仕事柄、出張が多いのですが、電車の中の騒音には本当に苦労しています。隣の人がカリカリを噛んでいたり、電話で話していたり、ビニール袋をガサガサ鳴らしていたりと、その騒音以外のことに集中するのは本当に難しいです。

 

"大人のADHDとノイズ感度は、特定してピンポイントを特定するのが難しい場合があります。

私はあらゆる種類の騒音に悩まされているわけではありません。十分に休んでいるときは音に敏感ではありませんが、疲れているときやストレスがたまっているときは、ほんのわずかな擦り音が非常に痛いことがあります。実際には悪循環です。長時間騒音にさらされると、私はとても疲れます。

夜、しばらく静かに過ごすために、暗く静かな部屋に横になる必要があります。ほとんどの場合、それまでは、日中に私の周りの騒音の影響を受けていたことがわかります。

 

"聴覚保護のすべての種類が問題を解決するのに役立つわけではありません。

私にとって適切なADHDの耳栓のペアを見つけるのは少し難しい作業でした。2つの理由から、聴覚保護を使用することが必ずしも私にとって明白な解決策であるとは限りません。

まず、周囲のあらゆる種類の騒音を遮断するのは、非常に少ない聴覚保護具です。第二に、ちょっとした逆説ですが、完全な静寂は必ずしも私にとっても良いものではありません。周囲の音が聞こえないと、誰かが話しかけている時や、電話やドアベルが鳴っている時にストレスを感じたり、心配になったりします。


私は音楽を聴いたり周囲の騒音を抑えたりすることがよくありますが、その結果、イヤホンの音楽自体からの騒音にさらされて、本当に疲れます。ですから、すべてのことを考慮して、聴覚保護具を身に着けることは、私が日常生活で対処するために完全に必要なツールです。

 

"騒音レベルを調整可能なイヤープラグ

 

» 私が本当に気に入っているのは、dBudのイヤープラグで騒音レベルを調整できることです。

私はその機能を頻繁に使用しており、イヤープラグを耳から外す必要がないのが気に入っています。装着するときにボリュームボタンをスライドさせるだけです。そうすれば、周囲の騒音に気を配りたい場合に、より軽い騒音低減を選択できます。
" dBudの耳栓は、見た目がイヤホンと同じなので、違和感なく耳に馴染むのが気に入っています。"また、通常のフォームタイプの耳栓よりもずっと快適です。

Anna-Karin Arnaldは言語聴覚士であり、Funka Mera Norden AB社のCEOです。
同社の目的の一つは、ADHD、自閉症、発達言語障害、知的障害などの障害に対する意識を高め、偏見と闘うことです。
彼らのウェブサイトは、情報、文献、日常生活を楽にするソリューションを必要とするすべての人のための有用な製品で満たされています。

 

※本記事は以下記事の翻訳となります。

https://earlabs.co/dbud/adhd-ear-plugs/

※本記事内容は個人の感想および体験談です。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。